記事の詳細

order27 ふすま
ふすまは、和室の仕切りに使う建具のひとつ。木製の枠組みの両面に紙または布を張ったもの。襖障子または唐紙障子と呼ばれることもある。単に唐紙と呼ばれることもある。

第16章 建具工事より抜粋 表16.7.3 ふすまの材料

部材 種別
1型(在来型) 2型(チップ型)
かまち 杉、ひのき、さわら、米杉、スプル-ス、ノ-ブル、アガチス等の無節材
周囲骨 杉、米杉、さわら等の無節材 左記のほか、ジェルトン、プライ等の無節材 (注)1
中骨 杉、赤松、米杉、米ひば、米松米つが等の無節材
下張り 茶ちり紙(骨しばり) 黒紙又は紫紙(べた貼り)(注)2袋紙(袋張り) 耐水高圧紙(注)3 袋紙(袋張り)
上張り 鳥の子、新鳥の子程度又はビニル紙程度。押入れ等の裏側は雲花紙程度
引手 軽合金製、合成樹脂製又は木製
(注1)ジェルトン、プライは防虫処理を施したものとする。
(注2)茶ちり紙と黒紙又は紫紙をすき合わせた紙としてもよい。
(注3)耐水高圧紙は、350g/m2 厚さ0.52mmとする。
さておき、まず和室が少なくなっていて、張替え業者探しが大変かも。
ふすま風の引き戸があるのでかえてみるのもいいでしょう。
クロス屋さんで張替えできる職人さんや知り合いの職人さんを紹介してくれると思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る