記事の詳細

hokusei_nhk-16009-m-ape

片引き窓・両片引き窓

 
片引き窓・両片引き窓片開き窓とは、1枚の障子を横に引いて開閉する窓で、シンプルさが特徴です。また、中央を嵌め殺し窓として、その両サイドに片引き窓を設けた両片引き窓もあります。
既製品のサイズは、片引き窓タイプで幅1195mm(高さ1300mm無し)・1650mm、高さ900mm・1100mm・1300mmの5種類、片引きテラスタイプで幅2560mm、高さ1800mm・2000mm・2200mmの3種類があります。

また、両片引き窓タイプで、幅1650mm(高さ1300mm無し)・2560mm、高さ900mm・1100mm・1300mmの5種類と、両片引きテラスタイプで、幅2560mm・3470mm、高さ1800mm・2000mm・2200mmの6種類があります。
尚、網戸は室外側に取り付けるようになります。

 

嵌め殺し窓(Fix窓)

 
嵌め殺し窓(Fix窓)嵌め殺し窓とは、ガラスを入れただけで、開閉機能がない窓です。換気は出来ませんが明かりを取り入れる場合や外観のデザインアクセントなどに採用されます。
既製品のサイズは、窓タイプで、幅260mm(高さ300mm・500mm・700mm・1500mm無し)・365mm・600mm・740mm・1195mm・1650mm(高さ300mm無し)、高さ300mm・500mm・700mm900mm・1100mm・1300mm・1500mmの37種類があります。

また、テラスタイプは、幅365mm・600mm・740mm・1195mm・1650mm、高さ1800mm・2000mm・2200mmの15種類があります。
その他、細長いスリムタイプ・極端に小さいタイプ・丸型タイプ・1/4円タイプなどのFix窓が商品化されています。
網戸はサッシを開閉しないので取り付けるようにはなっていません。

 

●出窓の種類と特徴

 

出窓には、「台形出窓」・「角型出窓」・「三角出窓」・弓形をした「ボウウインドウー」などの出窓の形で呼ばれるもの、出窓の屋根部がガラスになっている「トップライト出窓」、出窓の奥行き(出幅)が少ない「ハーフ出窓」、取り付ける場所に応じた「和室用出窓」・「キッチン出窓」・「浴室出窓」など、サッシメーカーが多くの種類の出窓が商品化されています。

尚、サッシメーカーの出窓にセットされているカウンターの天板と、巾木や廻縁、窓の額縁などに使用する建材メーカーの造作材と色や柄の違いがでますので、出窓の天板を選ぶ時には、現物見本を見て決めることをお勧めいたします。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る