記事の詳細

●サッシの断熱性能と結露対策


1枚のガラスを用いた単板ガラス仕様よりも、2枚のガラスで空気層を設けた、複層ガラス仕様(ペアガラス)の方が、当然 断熱性能や結露対策になるのですが、最近のアルミサッシは、サッシ自身の断熱性能を向上させた、断熱サッシが多く商品化されています。

アルミ樹脂複合構造による障子やサッシ枠、また、樹脂アングルを用いることで断熱性能は更に上がり、結露を防ぐことができます。これらの対応や全てを樹脂サッシとした仕様のサッシを一般的に断熱サッシと呼んでいます。

ただ単に、一般サッシに複合ガラスを用いるだけでは、障子や枠の部分から熱損失が行なわれ、断熱性能の低下やアルミサッシの表面部分に結露が発生します。
予算の関係もありますが、旧公庫基準の断熱地域の区分に応じた、開口部の断熱性能基準の次世代省エネ基準に対応したサッシを採用されてはどうでしょうか?

 
断熱サッシ
 

●雨戸・雨戸シャターの種類と特徴


台風時の防風対策や防犯対策として、引き違いサッシには一体式の「雨戸付き引き違いサッシ」や「雨戸シャッター付き引き違いサッシ」があります。また、単体の引き違いサッシに、単体の後付け雨戸やシャッターを設けることも可能です。尚、新築の場合で雨戸やシャッターを設ける場合は、殆ど一体式の引き違いサッシが用いられます。

住宅メーカーや工務店が商品化している住宅では、1階の引き違いサッシに標準装備され、2階の引き違いサッシはオプション対応の場合や、個数を限定して標準装備している場合が殆どで、全ての引き違いサッシに雨戸 若しくはシャッターが標準で装備されているケースは少ないです。

 

雨戸(サッシ一体式)


雨戸付き引き違いサッシ 及び 後付けの単体雨戸には、「閉鎖型戸袋タイプ」と「開放型戸袋タイプ」の2種類の雨戸があります。

「閉鎖型戸袋タイプ」は、戸袋枠をサッシ同様、直接柱や間柱の躯体に取り付け、その後、外壁を仕上げるタイプです。戸袋内の壁は、通常仕上げませんので戸袋が必要となります。(鏡板付き雨戸とも言います)
また、「開放型戸袋タイプ」は、外壁を仕上げた後、躯体に取り付けられたブラケットへ戸袋枠を取り付けるタイプです。戸袋内の壁は、外壁と同一仕上げとなりますので鏡板なしでも可能です。(鏡板無し雨戸とも言います)

尚、「開放型戸袋タイプ」でも、サッシメーカーでは鏡板や妻板が商品化され、戸袋に鏡板を設けることができます。
また、雨戸枠はアルミですが、鏡板や雨戸パネルはカラー鋼板仕上げです。

 
雨戸
 

雨戸シャッター(サッシ一体式)


一体式の雨戸シャッター付き引き違いサッシ 及び 後付けの単体雨戸シャッターの開閉方式には、手動タイプと電動タイプがあります。
また、電動タイプには、シャッターを閉めても通風・換気ができる機能や、障害物検知機能などが装備されているシャッターが商品化されています。

 
雨戸シャッター
 

●面格子・飾り格子の種類


防犯対策として、サッシ一体式の「面格子付きサッシ」があります。
また、単体の引き違いサッシや上げ下げ窓・すべり出し窓などに設ける、後付けタイプの面格子には、サッシの枠に取り付ける「枠付ブラケット式」と躯体に取り付ける「躯体付ブラケット式」の面格子があり、又は、サッシの障子に直接取り付ける「飾り格子」タイプは、外観をすっきりさせシンプルに見せることができます。

採用するサッシの開閉機能 及び、外観のデザインに応じて上手に使い分けるようにしましょう。

 
面格子の種類
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る