記事の詳細

カーテン地には、色々な種類の素材や機能付きのカーテン地があります。失敗しないカーテン選びを行なうには、何のためにカーテンをつけるのか、目的をはっきりさせる事が重要です。

 

● 遮光性


カーテンは、外からの視線や日差しを遮ることで、プライバシーの保護や安眠に役立ちます。また、日中に完全に光を遮断したい、あるいは、やわらかな光を採り入れつつ、外からの視線だけをカットしたい時などに役立ちます。

 

● 調光


カーテンは、カーテン地の選び方や、カーテンを開けたり閉めたりすることで、外から入ってくる光の量をコントロールすることができます。

 

● 断熱性


カーテンは、夏は窓ガラスから入ってくる熱気を防ぎ、冬は冷気や隙間風の侵入を抑制し、冷暖房の効率を高めるので、省エネにも効果があります。

 

● 防音性


カーテンは、音を吸収するため、外からの音を和らげ、室内の音を外に漏れ難くします。また、オーディオの響きをソフトにする役目も果たします。

 

● 装飾性


クラシックな部屋なら、バランストリムなどを設けたり、モダンな部屋ならシャープなスタイルにするなど、カーテンのあしらい方しだいで、インテリアのイメージをより印象づけることができ、布ならではの質感が、くつろぎ感を演出してくれます。

 

バランス

バランスバランスとは、カーテンの上部に取り付ける上飾りのことで、「トップシェード」や「トップトリートメント」などとも呼ばれています。
主にエレガントやクラシックスタイルの室内装飾になくてはならない存在です。また、バランスは装飾的な働き以外に、上部からの光の漏れを防ぐ役割もあります。

 

トリム


トリムとは、カーテンバランスタッセルなどの縁に付けるテープ状の飾りの総称で、窓廻りのアクセサリーの中でもデコレーション効果の高いアイテムです。
こまかい房が連なったものを「フリンジ」、テープ状のものを「ブレード」と呼びレースタイプもあります。

トリム
 

タッセル

タッセルタッセルとは、カーテンを開けたときに、左右でカーテンを束ねるための房飾り。
カーテンの共布でつくるものと、そうでないもの、また、さまざまなデザインのタイプがあります。
既製品のタッセルを選ぶ際のポイントとして、長いものはカーテンをたたんだときにボリュームがある幅広のカーテンや、丈の長いカーテンに向いています。  また、中央に長い飾り房が付いているタイプは、丈の短いカーテンではバランスがとれないことがあるので、タッセルの選定に注意する必要があります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る