記事の詳細

カーテン地の種類は、生地の性質により分類できます。厚地の「ドレープ」、薄くて光を適度に透過する「レース」や「ボイル」、レースよりも太い糸で織られた「ケースメント」などがあり、室内側にドレープ、窓側に薄手ののレースをつける、2重吊りが一般的なカーテンの吊り方です。

カーテンに使用される素材は、ローマンシェードやロールスクリーンに仕立てられるものもありますが、天然繊維(綿、麻、絹、羊毛)と化学繊維(ポリエステル、レーヨン、アクリル)に大別されます。
これまでドレープカーテンには、ドレープ性に優れたレーヨンが多く使われてきましたが、吊っているうちに伸びてしまったり、水洗いすると縮んだりするのが欠点。 家庭で洗えるウオッシャブル機能が求められ、最近では、取り扱いが簡単なポリエステル製が大半を占めるようになりました。

ドレープ

ドレープドレープとは、「ドレーパリー」とも呼ばれ、太い糸を使った織物の厚地のカーテン地のことを言います。
保温や防音、遮光などの機能に優れ、無地のものや柄物、起毛タイプのベルベットなど高級感があります。

 

ケースメント

ケースメントケースメントとは、ドレープとレースの中間のようなカーテン地で、透かし織りのものが主流です。
レースより厚くてボリューム感があり、落ち着いた雰囲気があり、単独で使用することが多いタイプです。

 

レース・ボイル

レース・ボイルレースは、編み機で編まれた、光を透過するカーテン地で、ボイルは、透明感のある織物タイプのものをいいます。また、ボイルに刺繍を施したものを「エンブロイダリー」と呼びます。

 
主なカーテン地の素材と特徴
素材 長所 短所
綿
  • 丈夫で、吸湿性があり、染色性もよい。
  • 摩擦や熱に強く手触りがよい。
  • 初期の段階では洗濯で縮むものが多い。
  • シワになりやすく、日光に長時間さらされると劣化する。
  • 自然な光沢がある。
  • 強度は綿の約2倍。
  • 熱や光、洗濯に強い。
  • シワになりやすく、縮みやすい。
  • 染めむらができやすい。
  • 日光にさらされると黄ばむ。
  • 上質な光沢感や手触り感がある。
  • シワになりにくい。
  • 美しいドレープが作れる。
  • 高価。
  • アルカリや虫に弱い。
  • 日光にさらされると劣化しやすいため、裏地をつけた方がよい。
ポリエステル
  • 反発力が大きく、シワになりにくい。
  • 寸法安定性があり、洗濯で伸び縮みしにくく、乾きやすい。
  • 型くずれしにくく、化学繊維の中では、熱に強い。
  • 適度な強さ、伸び、しなやかさがある。
  • 静電気が起きやすく、汚れがつきやすい。
レーヨン
  • 吸湿性がよい。
  • よく染まる。
  • 混紡・混織に適している。
  • 独特の光沢があり、しなやかでドレープ性がよい。
  • カーテン自体の重みや室内の湿気を吸うことなどで、吊り伸びしやすい。
  • 家庭での洗濯は不向きで、ドライクリーニングがよい。
アクリル
  • 軽く、カサ高で暖かい。
  • シワになりにくい。
  • 薬品や日光に強い。
  • 染め上がりがよい。
  • 静電気がおこりやすい。
  • 熱に弱い。
  • ケバ立ちや毛玉ができやすい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る