記事の詳細

和室の真壁仕様と大壁仕様の違い

木造軸組み工法での壁の納め方には、大壁仕様真壁仕様の2タイプの納め方があります。
洋室関係は、構造材の柱が見えない様に、壁を柱の外側で仕上る大壁仕様、また、和室は柱の内側で仕上る真壁仕様が基本です。
この真壁仕様は、日本古来の壁の納まりで現在まで受け継がれています。早く言えば、大壁仕様は西洋、真壁仕様は日本の壁の納まりです。

 
大壁と真壁
 
和室の真壁仕様は、構造材の柱が見えてきますので、木材の節や割れが有ると見苦しい状態になります。そこで、和室の柱には、見てくれの良い化粧された構造柱を使うようにします。構造材の仕様が無垢材ならば、柱が見える面には、節が無い無節の柱 若しくは 上小節の柱を向けて対応します。
また、柱が集成材ならば、化粧ばり構造用集成材を採用して見栄えを考慮します。

しかし、最近の和室の壁にも、工期短縮や施工の簡素化 及びローコスト化が進み乾式工法が採用され、従前の塗り壁仕上げからクロス仕上げの方が多く採用されるようになりました。また、本格的な和室より、柱を見せず和室の造作材を少なくした、現代和風イメージのモダンな和室も好まれるようになり、大壁仕様で納める和室も増えてきました。

 
和室の壁納め

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る