記事の詳細

arabestcart 石です。
高級の代名詞!!今回は仕上げ材全般として書かせていただきます。
石の種類は大まかに火成岩、変成岩、堆積岩の3種類の天然石と人造石に分けられます。
さらに火成岩の種類で花崗岩、安山岩など。
変成岩の種類で大理石、玄昌石など。
堆積岩の種類で石灰岩、砂岩、凝灰岩など。
それと人造石です。

●花崗岩(御影石)見た目の模様がきれいで耐久性に優れている。
●石灰岩(大理石)模様や色調が美しく、磨くと光沢が出る。
●安山岩(鉄平石)緻密で、暗緑色で、耐圧強度、耐火性に優れている。
●人造石(疑石)人造石とは、自然石(御影石、大理石、石英、蛇紋岩など)の砕石を骨材に、セメントや砂、顔料を混ぜて成型し、天然石に似せて人工的に造った模造石。

石材の用途と特徴

石材の種類 特徴 主な使用箇所
花崗岩(御影石)
  • 硬質で磨くと非常に良い艶がでます。
  • 表面の仕上げ方も豊富で、本磨き・水磨き・バーナー仕上げ・小叩き・ビシャン仕上げ、と用途により色んな仕上げ方が可能です。
  • 風化しにくく、耐用年数も長いです。
  • 耐火性があまりありません。
外部床、玄関土間、内部床、テーブル天板、カウンター天板など
石灰岩(大理石)
  • 柔らかい石質のため傷がつきやすい。
  • 石灰が主成分なので酸に弱い。
  • 基本的に屋内の水のかからない所が適しています。
内部床、内部壁、ニッチ及び飾り棚の天板など
安山岩(鉄平石)
  • 風化に強い割りに、柔らかで加工しやすい。
  • 花崗岩(御影石)に比べて熱に強い。
  • 鉄平石は板状なので、主に貼り石として用いられる。
塀、門柱、石垣、外部床、外部腰壁、内部土間床など
凝灰岩(大谷石)
  • 堆積して出来た石なので、火成岩と比べると柔らかい雰囲気。
  • 柔らかく加工がしやすい。
  • 強度 及び 耐久性に劣るが耐火性がよい。
  • 噴出した火山灰や砂などが堆積し凝固した石で、層状をなしている。
門柱、塀など
砂岩
  • 暖系色が多く室内に使っても石の冷たさを感じさせない。
  • やわらかく加工しやすい。
  • 吸水率が高い。
  • 柔らかいため使い方を間違えると風化しやすくなる。
  • 薄くて大きなサイズの板材をとりにくい。
  • 光沢はなく色や石材に様々な種類がある。
  • 耐火性はあるがもろい。
門柱、塀など
玄昌石(スレート)
  • 耐水性、耐火性が高い。
  • 板状に加工でき曲げ強度が強いため、5ミリ~10ミリ程度の薄い板を湿式工法で用いる。
    ※玄昌石は粘板岩の一種で、粘板岩は通称、スレートと呼ばれています。
屋根材、土間床など

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る