記事の詳細

led_4w LED照明(エルイーディーしょうめい、英語:LED lamp)とは、発光ダイオード (LED)を使用した照明器具のことであり、その使用そのものを指すこともある。

特徴[編集]

LED照明は、蛍光灯や白熱電球といった従来型の照明器具と比較すると以下の特徴を備える。
長寿命・高信頼性
「高信頼性・長寿命」であり、一度設置すれば管球交換のような頻繁な保守の手間が省け、LED照明が寿命を迎えるまでの、管球の購入コストを削減できる。
低消費電力・低発熱性
供給される電力の多くが発光に使われ、つまり発光効率が高いため(実売3千円台で90、1千円台で70~60(lm/W)(2012))に、従来の白熱照明と同じ明るさを作るのに必要な電力が少なくて済む。つまり、熱となって失われる電力が少なくて済み、低発熱の照明器具となる。また、2013年現在は、蛍光灯と同程度かまたはやや勝る(蛍光灯はインバータ型で110~85、従来型で70~60(lm/W))発光効率である。
高価格
2013年現在、白色を放つ高輝度LEDの製造には高価な半導体製造装置と高度な技術が必要とされ、LED照明そのものの生産・販売数が少ないことも量産効果を生まず高価格である理由の1つとなっている。また、電源回路を必要とし放熱板や配光用のレンズ、散乱パネル等も器具全体を高価格にしている。LED電球については、価格の低廉化がみられるものの、直管蛍光灯形のLED照明や円形蛍光灯のLED照明については、まだ市場規模もLED電球ほど大きくなっておらず、技術的・生産コスト的にも発展途上の市場であり、特にLED電球が白熱電球と比較されるのに対し、蛍光灯との比較となり、価格競争力が極めて弱い。
RoHSに対する高い順応性
蛍光灯は性質上、水銀を使用しなければならず、代替物質もないが、LED照明は水銀を使用する必要が無く、RoHS指令で定められた6種類の人体・環境汚染物質について、使用しないで生産できる。
耐衝撃性
真空やフィラメントを必要としないため、衝撃に対して比較的強く作れる。但し、精密部品を集積した機器であることは変わりはなく、白熱電球や蛍光灯に使用される衝撃で割れてしまうガラス等に比べて、少々の衝撃では割れないプラスチック等を使用でき比較的強いというだけである。
小型・点光源
ほぼ点光源であり発光部が小さく作れる。設置空間を小さくでき、デザイン上も利点ではあるが、放熱に工夫が求められ、光源の拡散を可能にする設計が求められる。
高速応答性
熱慣性がほとんど無いLED照明は、供給電源が断続すればそれに応じて高速度で明滅する[1]。ヒトの目では感知できないが、機械的な録画ではそれが問題となることもある[2]。
直流低電圧駆動
1つ1つのLED発光素子は直流低電圧の電源によって発光するので、100V交流の商用電源につなぐ通常の照明のように使用するには(基本的には)複雑な電源回路設計が必要になる。
熱に弱い
元々が半導体素子であるLED素子は熱に弱い性質がある。さらに使用時には低電圧大電流をかけて高輝度発光を行うため、発熱によって素子自身や周囲の封止パッケージが劣化して行き、最悪の場合にはLED素子が損傷を受け、発光不良を起こす。これを避けて長寿命・高信頼性を実現するには、正しい放熱が求められる[出典 2]。そのため、LED電球は、発熱が放熱を上回らない限界の白熱電球100W相当のルーメンのものが目安上限として市販されている[3]。
その他
他の特徴として、内蔵した各色LEDの発光を切り替えることで、発光色を容易に変えられること。赤外線を出さないことで、放射熱をださない。また紫外線を出さないことで紫外線を好む虫類が寄ってこないなどの利点がある。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る